映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013)ストーリー

1960年代のニューヨーク、冬。若い世代のアートやカルチャーが花開いていたエリア、グリニッジビレッジのライブハウスでフォークソングを歌い続けるシンガー・ソングライターのルーウィン・デイヴィス(オスカー・アイザック)。熱心に音楽に取り組む彼だったが、なかなかレコードは売れない。それゆえに音楽で食べていくのを諦めようとする彼だが、何かと友人たちに手を差し伸べられ……。

映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013)の感想

映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013) N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013) OFUのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013) カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013) ケイスケのレビュー鑑賞済open
インサイド・ルーウィンデイビス 名もなき男の歌は、売れないフォークシンガーが主人公です。
1961年ニューヨークの街角、チャトラ猫を抱えて彷徨うルーウィン。
売れなくて、宿がなくて、お金がなくて、未来がなくて、プライドだけが高いルーウィンの、どん底までたどり着く一週間のお話です。
泊めてくれた友人の家から逃げ出した猫と、使い古したギターケースを提げて、時に殴られ、時に女を妊娠させて、時にチャンスをつかみかけ、時に音楽家をあきらめて、最後の頼みの船乗りでさえも、船舶免許を紛失して反故になる。

「負け犬!!」と罵られるルーウィン。

けれども、だからこそルーウィンの歌声は切なくて、誰かの心を揺さぶるのだと思います。

最後に、60年代、ポピュラーミュージックシーンの中心にいたボブディランはこんな言葉を残しています。
「どんなレッテルを貼られたってかまわない、歌うためなら」

コーエン兄妹の作品の中ではシナリオよりも雰囲気重視と言うことで、僕の評価は、、、

評価:75/100点

コメントを残す