映画『ゴーン・ガール』(2014)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『ゴーン・ガール』(2014)ストーリー

結婚5周年の記念日。誰もがうらやむような幸せな結婚生活をおくっていたニックとエイミーの夫婦の日常が破綻する。エイミーが突然姿を消したのだ。部屋は荒らされ、キッチンに残されたエイミーの大量の血痕から警察は他殺と失踪の両方の可能性を探る。憔悴した表情で行方のわからなくなった妻を心配する夫ニック、だが彼にも捜査の手が及び窮地に立たされる。妻エイミーに何が起きたのか――。

映画『ゴーン・ガール』(2014)の感想

映画『ゴーン・ガール』(2014) N山Y幸のレビュー鑑賞済open

ベストセラー小説の映画化

監督:デヴィッド・フィンチャー
撮影:ジェフ・クローネンウェス
主演:ベン・アフレック,ロザムンド・パイク

最近では映像的ギミックをあまり目立たせず、人の芝居で見せることの多くなった気のするデヴィッド・フィンチャーの映画です。
主人公は2人いて、自分の妻がある日急にいなくなってしまった夫とその妻です。
メインは夫が妻を探すということですが、探す過程で夫は妻との出会い、幸せだったときの思い出などを回想します。ただ観ていくうちに、それが夫の都合の良い記憶だとわかってきます。とても説明の難しい映画なのですが、一つわかったことは、女性の現実を見る目の鋭さと怖さ、男性の夢と現実の落差です。
両主人公とも芝居が良いので、そのことがより明確になっていた気がします。

今回一番印象に残ったシーンは、物語終盤で二人が手を結ぶシーンです。内容は詳しく書きませんがとても怖いシーンです。

デヴィッド・フィンチャー期間の第一弾として書いて見ました。ちなみに最近ではTVドラマもやっていて「ハウスオブカード」というようなドラマの演出もやっています。このドラマ尋常じゃなく面白いです。近々「ユートピア」というドラマもやるようなので見たいと思います。皆様もぜひ。

映画に点数をつけるのはあまり好ましくありませんが85点です。
以上です。

評価:85/100点

映画『ゴーン・ガール』(2014) OFUのレビュー未鑑賞open

映画『ゴーン・ガール』(2014) カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『ゴーン・ガール』(2014) ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す