映画『エリジウム』(2013)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『エリジウム』(2013)ストーリー

2154年、世界は完全に二分化されていた。
ひと握りの富裕層が上空に浮かぶスペースコロニー「エリジウム」で極上の人生を謳歌する一方、人類の大多数は荒廃しきった地球で貧しい生活を強いられていた。
スラムに暮らすマックス(マット・デイモン)は、ある日不慮の事故に遭い余命5日と宣告されてしまう。
生き残るには医療ポッドのあるエリジウムに進入するしかない。
レジスタンス軍に参加し、決死の覚悟でエリジウムへ挑む彼の前に、冷酷非情な女防衛長官デラコート(ジョディ・フォスター)が立ちはだかる…!

映画『エリジウム』(2013)の感想

N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

OFUのレビュー鑑賞済ネタバレありopen

『第9地区』で一躍有名となったニール・ブロムカンプ監督のSFアクション。今度は荒廃した地球と完璧な世界のスペースコロニーとの貧富の差、対立を描く

既視感のあるバックグラウンドですが、貧困層は砂と荒地の荒廃した地球に住み、富裕層は宇宙に浮かぶスペースコロニーに住んでいると言う設定の世界観。
しかも富裕層が住むスペースコロニー「エリジウム」では病気すらも一瞬にして治癒してしまい、争いごとのないまさに理想郷。
この辺りの世界観は漫画『銃夢』の「ザレム」と似ていますね。

ストーリーとしては、昔はワルだった主人公が工場での事故で余命5日間と宣告をされ、病気が完全に治る「エリジウム」へ乗り込もうとします。
そこに、日頃から不満がたまっていた反エリジウムのレジスタンスのメンバーも参加してきて、地球vsスペースコロニーの戦闘が繰り広げられます。

上手いと感じるのSF的なギミックの作り込みの細かさ!
「エリジウム」側の戦闘ロボット兵や、銃器を満載した飛行船や殺し屋。
余命5日間の主人公が動けるようになるために、身体と一体化するパワードスーツを付けてロボット兵とバトルをしたり・・・などなど、きちんとSF的世界観を盛り上げてくれています。

ストーリーや世界観としては上述のようによく見るありきたりな設定なのですが、こうした細かいギミックの見せ方などが上手くて飽きずに最後まで観れました。
流石は『『第9地区』の監督作品といったところでしょうか。

評価:70/100点

カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す