映画『トゥモロー・ワールド』(2006)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『トゥモロー・ワールド』(2006)ストーリー

西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常事態が続いており、このままでは人類絶滅の危機は免れなかった。そんな中、国家の仕事に就くテオ(クライヴ・オーウェン)が、人類存続に関係する重要な情報を握り始める。人類の未来はおろか自分の将来でさえ興味を示さないテオだったが……。

映画『トゥモロー・ワールド』(2006)の感想

映画『トゥモロー・ワールド』(2006) N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『トゥモロー・ワールド』(2006) OFUのレビュー鑑賞済ネタバレありopen

灰色の世界、後半はさながら戦争映画。ラストも素晴らしい近年のSF映画ではアタリ作品。

近未来の地球、子供が18年間生まれなくなって各国は混乱、内乱や治安が不安定化し難民が大量に発生、移民大国である本作品の舞台であるイギリスには難民が押し寄せ、英国政府は武力弾圧で治安維持を図っています。
まず、この現実から地続きのような近未来のSF感の舞台が非常にハマっている。

反政府活動をするグループの元妻から、難民の黒人の子供が妊娠をしていると告げられて、難民を力ずくで排除しようとする政府勢力から彼女を連れ出して逃避行をするのがストーリーの主な主軸。
なんですが、薄もやがかかったような灰色の映像の世界だけに、逃避行も徹底的にリアルに泥臭く描かれていてよくあるお涙頂戴もしくは主人公が無双しまくる内容ではありません。
個人的には反政府勢力のアジトで束の間の休息を取り、昔の思い出話をするシーンが過去の良かった時代を思い浮かべる役者さんの演技と相まって悲壮感と現実の大変さを見せてくれて良かったです。

色々な所でも既に語られているかもですが、暴徒達の襲撃シーンや、特に後半の市街戦のシーンがスゴイ!
群集、兵士、戦車が入り乱れての強烈な映像と手振れ感溢れるカメラの撮り方。
そしてカメラの長回しを多用した映像で、自分もこの映画の中に放り込まれたように臨場感・緊張感があります。

個人的にはディストピア系作品が大好きなので、リアルなSF世界観+戦争映画として相当クオリティが高く非常に楽しめました。

評価:80/100点

映画『トゥモロー・ワールド』(2006) カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『トゥモロー・ワールド』(2006) ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す