映画『ウォーターワールド』(1995)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『ウォーターワールド』(1995)ストーリー

未来の地球は、温暖化の進行により北極・南極の氷が溶けて海面が上昇した結果、海だけが広がる海洋惑星となった。
そんな状況下でも人類は、海の上で「環礁」と呼ばれる浮遊島を建造してたくましく生き残っていた。彼らの希望はどこかに存在するという伝説の陸地「ドライ・ランド」である。一人孤独に旅をするミュータントのマリナーは、とある環礁でドライ・ランドへの鍵を握る少女エノーラと保護者である女性ヘレンと出逢う。だがディーコンをリーダーとし、略奪行為を行う武装集団「スモーカーズ」もまたドライ・ランドへの上陸を企んでいた。

映画『ウォーターワールド』(1995)の感想

映画『ウォーターワールド』(1995) N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『ウォーターワールド』(1995) OFUのレビュー鑑賞済open

地上が全て海の中に没した後の世界を描く近未来海洋冒険SF!

今ではUSJのアトラクションの方が有名かもしれませんが、これがなかなか良いSF映画なんですよ!

地球温暖化が騒がれ始めていた頃に製作された映画なので、地球温暖化によって今の地上の文明が海の中に沈んだ後の海上での冒険もの。
『マッドマックス』の海上版と言うとイメージしやすいかも?
孤独な主人公は強くて実は・・・で、悪党達をバッタバッタとやっつけて最後は去っていく、とアメリカウエスタン映画のテンプレ的な作り。
限られた陸上や食料を巡って海賊達と主人公達が、古臭いギミックが満載な手作りの船でバトルをしたりするんですが、子供心に感動しました(笑)
勧善懲悪なストーリーと言えばそれまでですが、エンターテイメントとして未知の世界や近未来の世界にワクワクしながら、何も考えずに観るのが正解なんじゃないかなぁ、と思います。

製作費だけ凄まじくかかって回収できず、そのまま世間の目に触れることもなく・・・と言うと完全にB級映画のノリなんですが、
それを含めても味があって個人的に好きな映画なので、スカっとしたい時に観ると楽しめますよ。

評価:70/100点

映画『ウォーターワールド』(1995) カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『ウォーターワールド』(1995) ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す