映画『フィフス・エレメント』(1997)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『フィフス・エレメント』(1997)ストーリー

1914年エジプトのピラミッドで世界を救う5番目の要素「フィフス・エレメント」と、世界を滅ぼす邪悪な存在が予言されていることが発見された。突如円盤で飛来したモンドシャワン人により、鍵となる4つの石が隠し部屋より持ち出される。
300年後の未来2214年、世界は全ての攻撃を吸収してしまう「ミスター・シャドー」に脅かされていた。リンドバーグ大統領はモンドシャワン人の意思を受け継ぐコーネリアス神父より、モンドシャワン人と5番目の要素(フィフス・エレメント)を知らされ、彼らを地球に呼び寄せるが、彼らは宇宙の殺し屋マンガロワ人の攻撃を受けて殺害されてしまう。
科学者は、回収された腕の細胞から美女リー・ルーを遺伝子再生するが彼女は脱走。偶然通り掛ったタクシー運転手コーベン・ダラスに拾われる。

映画『フィフス・エレメント』(1997)の感想

映画『フィフス・エレメント』(1997) OFUのレビュー鑑賞済open

ドタバタ痛快スラップスティックSFアクション

オレンジ髪のヒロイン、リールー演じるミラ・ジョヴォヴィッチの出世作として有名なSF映画。
リールーが徐々に英語を話せるようになる前の片言の話し方や仕草が本当にカワイイです(笑)

近未来のくすぶっているタクシー運転手役のブルース・ウィリスも良いですねー。
と言うか、演技も服装も近未来SF感?が漂い全体的にごった煮で楽しい。

スター・ウォーズの数々の異性人たちのように、敵役のミュータント、モンドシャワン人等々の造型が愛らしくて本当にコミカル!
本来は地球を救う真剣なストーリーなのに、敵も味方も全体的にコミカルでエンタメとして楽しく映画を堪能出来た。

しかし、オペラシーンは初めて予告観た時に度肝を抜かれましたねー。
あそこのシーンはやはり美しい。

評価:70/100点

コメントを残す