映画『サマーウォーズ』(2009)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『サマーウォーズ』(2009)ストーリー

天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒されながらも大役を務めることに……。

映画『サマーウォーズ』(2009)の感想

N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

OFUのレビュー鑑賞済ネタバレありopen

田舎の描写は良いけれど、何処かで観た感が凄い。色々と詰め込み過ぎな気が・・・。

前々から気になって細田守監督作品。新作も公開するという事で観てみました。
ちょっと近未来のお話。
ネット(OZと言う仮想空間)と、リアルのインフラや行政、経済が密接に結びついた世界。ひょんなことから田舎の大家族の中へ放り込まれた数学の天才である高校生の主人公が、OZの混乱を救うために数学を武器に立ち上がる、と言った感じの内容。

メインとなるOZの世界観ですが、分かりやすくテンプレ的な仮想空間やSNSの描かれ方。カイカイキキの村上隆っぽいOZ内のデザインやアバターは可愛らしくて日本人的で面白いですね。
偏見ですが、これがアメリカ映画ならめちゃくちゃサイバーな雰囲気で「どうだい!これがCOOLだろ!HAHAAHA」となっちゃいそうなので(笑)
今年からマイナンバーも始まりますが、絶対にトラブルは起こると思うので(と言うか、人間が作ったもので完璧なものはないですからね)、そういう意味では問題提起をしているのでしょうか。

そして田舎の大家族と言う個性的な集団が、いかにも日本の夏っぽさと相まって見ていて落ち着きますね。
オープニングの田舎へ向かう新幹線、バス、タクシー、豪邸への到着までが良いですね。これから何かが起こると言うワクワク感が出てます。
とは言え、全体的にキャラクターに感情移入が出来ず、またストーリーや設定も何処かで観たことあるような既視感の連続でファンの人には申し訳ないけれど微妙でした・・・。
アニメーションの動きや前述のOZの設定などは楽しめたのですが。

具体的には出だしからなんですが、主人公健二がヒロイン夏希の田舎の大家族の中へ「婚約者のふりをして」アルバイトへ行く理由が明確ではない。
当然ヒロインの夏希先輩に惚れていると言う前提があるのですが、もう一人のメガネの友人とたまたま「じゃんけん」で勝ったからって・・・あまり必然性感じないですよね。
宣伝でもあった「よろしくお願いしマース!」とエンターキーを叩くのも「なんでそこでその台詞なんだ・・・?」と疑問符ばかり。

主人公が想い焦がれる憧れの女の先輩、夏希もイマイチ魅力を感じませんでした。
家族からは馬鹿だけど、と枕詞をつけられて台詞もほとんどないので、主人公とどうやって意思疎通をして最終的に惚れるのかが分かりづらかった。
主人公が必死に男連中で頑張って動いたから、勝手に惚れてくると言うあまり中身のない女の子状態。
活躍するシーンもありますが、いきなり説明を飛ばしての唐突な登場だったり。こうした実際の映画で語られていない前後の話は「観ている人の想像に委ねます!」なら、こんな投げっぱなしなことはない。
てか、高校三年生の美人の先輩なら間違いなく男居るだろって突っ込みは野暮かなぁ(笑)

印象に残ったのはやはりメインキャラのおばあちゃんの台詞と電話を掛ける行動。あそこは盛り上がりますね。しかし、その後の展開があっさり過ぎてビックリしましたが。
それと、カズマとお師匠の叔父さんが一緒に太極拳?的な動きをしているシーン。
家族が出来るとわずらわしいけど、良いものだ、的な叔父さんの台詞は年齢を重ねてくると本当によく分かりますよね。
家族は一生死ぬまで縁が切れる事がないですし、結婚相手が居た場合には相手の家族もまた重要になってきます。

とまぁ、一通りざっと観たのですが、観ていてモヤモヤがずっととれずに終始居心地の悪い感じで作品の世界観にのめり込めなかったです。
ちょっと自分には向いてない作品だったかな。ジブリには程遠い。

評価:50/100点

カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す