映画『ストレンヂア 無皇刃譚』(2007)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『ストレンヂア 無皇刃譚』(2007)ストーリー

下克上が横行する戦乱の世、身寄りを亡くした少年・仔太郎(知念侑李)が禅僧の祥庵(竹中直人)に連れられて日本へ辿り着く。一方、仔太郎の身体に隠された秘密を求め、謎の武装集団も上陸していた。やがて祥庵の庇護(ひご)を失った仔太郎は愛犬と旅を続けるが、荒寺で名を捨て刀を封印した奇妙な剣士“名無し”(長瀬智也)と出会う。

映画『ストレンヂア 無皇刃譚』(2007)の感想

N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

OFUのレビュー鑑賞済ネタバレありopen

長瀬智也が声優の痛快時代劇アニメーション!大陸から来た明国の武装集団vs刀を封印した浪人。殺陣のシーンが素晴らしい

アニメと侮るなかれ、かなりの大迫力な時代劇アニメーションです。

主役の「名無し」は異国人とのハーフで刀を封印した浪人。長瀬智也の声優も思っていた以上にハマっています。
刀を抜かずに諸国を放浪している浪人と言うのは、ちょっと『るろうに剣心』っぽいですね。
知ってる人がいるか分かりませんが卑弥呼の時代を漫画活劇として描いた藤原カムイの『雷火』を自分は思い出しました。
『雷火』も敵が中国大陸から来た妖術や体術を駆使する集団だったので。
もしくは同じく傑作忍術アニメの『獣兵衛忍法帖』にも雰囲気が近いかも。

戦闘のシーンがカメラが縦横無尽に動いたりとスピード感が凄い!
ちゃんと刀が刃こぼれを起こしたりと時代劇アニメなのに現実感があって細かい部分まで考えられて描かれているようでした。
敵方の大陸から来た武装集団の忍術っぽい超人的な動きと、刀を抜かずに渡り合う主人公との殺陣シーンなど魅せ場が多いです。
個人同士の戦いだけではなく、ラストシーンでの砦に攻め込む際は大人数での合戦シーンも描いています。

ストーリーも破綻なく(悪く言えば平凡ですが・・・)戦闘シーンのアニメーションも素晴らしく、存分にこの世界観を堪能できました。
「最近面白アニメないなぁ」と思ってる人は一度鑑賞してみては。

評価:81/100点

カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す