映画『男たちの挽歌』 (1986)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『男たちの挽歌』 (1986)ストーリー

香港マフィアの顔役ホーは、足を洗うことを決意する。しかし、最後の仕事が失敗して刑務所へ。その頃、香港では父が殺され、弟キットは兄が香港マフィアだと知る。数年後、ホーは出所するが…。香港マフィア内の抗争を背景に、組織に身を置く兄と、兄弟分である組の幹部、兄の逮捕に執念を燃やす刑事の弟。3人の男たちのドラマを描く。ジョン・ウーの名を世に知らしめた香港映画界の金字塔。

映画『男たちの挽歌』 (1986)の感想

映画『男たちの挽歌』 (1986) OFUのレビュー鑑賞済open

痛快!香港映画の最高峰

いわずと知れた香港映画、マフィアモノ映画の傑作。
30年近く前の作品なので、今観たら古臭いかも?と思いきや、そんな事を感じさせない見事な演出とストーリー展開です。

何よりキャラクター達が非常に良い!
組織の兄、幹部の兄弟分、兄の逮捕を目指す刑事の弟、そして弟の恋人と、皆それぞれの思惑がありながらも個性が際立っていて、観ているこちら側に強烈な印象を残します。

個人的に大好きなシーンは、チョウ・ユンファが敵役の会食中に襲撃をかけるシーンが凄い!
息をもつかせぬ銃の連射、スローモーション、薬莢が落ちる音、マッチを口に入れるところまで、圧巻です。

ラストも凄いですが、おいおいやり過ぎだろ!くらいのアクションで観ていて気持ちが良い。

評価:75/100点

コメントを残す