映画『マッドマックス2』(1981)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『マッドマックス2』(1981)ストーリー

前作の直後に二大国間で勃発した世界大戦により文明は崩壊した。戦争に伴う中東地域の油田破壊によって枯渇した石油を巡り、凶悪な暴走族が日夜争奪戦を繰り広げている。主人公マックスは、改造を施した愛車V8ブラック・インターセプターに乗り、相棒である犬(オーストラリアン・キャトル・ドッグ)と共に、暴走族を倒しては石油を奪い、荒野をあてもなく旅していた。放浪の中で出会ったジャイロ・キャプテンと名乗る男を連れたマックスは、付近を縄張りとする暴走族にたびたび襲撃されている石油精製所を発見する。精製所のリーダーであるパッパガーロは、ガソリンと引き換えに、石油を運び出すためのトレーラー探しをマックスに依頼。首尾良くこれに成功し製油所を後にするマックスだが、途中で暴走族に襲われ、重傷を負った上にインターセプターと犬を失う。駆けつけたジャイロ・キャプテンに救出され精製所で手当てを受けたマックスは、彼らが目指す「太陽の楽園」への脱出行の手助けを決意。暴走族との激しいチェイスが始まった。

映画『マッドマックス2』(1981)の感想

N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

OFUのレビュー鑑賞済ネタバレありopen

荒野でガソリンを巡る武装集団との対決!ヒューマンガス様がイカス!

マッドマックス』の続編。
前作では荒くれ者の暴走族集団とマックスの対決で、ある程度文明社会が残っている状態でしたが、こちらの2作目は石油危機に端を発した戦争により文明が崩壊した世界が舞台です。
所謂、『北斗の拳』の元ネタとして有名な2作目。1での強烈な怒り、暴力、復讐というテーマから更に世界観を押し広げています。

マックスは1作目での奥さんと子供を亡くしたトラウマからか、あてもなく荒廃した荒野をガソリンや石油を追い求めて彷徨い、暴走集団と戦う日々。
そんな中、ヘリコプター付近で待ち伏せをしていた”空飛ぶ男”を逆にとっちめて、石油を採掘している集団が居ることを聞き出す。
ところが、その村?では既に石油を奪おうとするヒューマンガス率いる暴走集団と戦闘状態になっており、マックスは助太刀をして石油を貰うと動き出す。
と言ったストーリですね。

何故マッドマックス2が現在でも評価されているかと言えば、一度見たら強烈なインパクトを残る敵役であるヒューマンガス軍団でしょう。
文明崩壊から、モヒカン肩パッド+バギーで市民から水やガソリンを略奪すると言う、後世に残るテンプレ的な世界観を作り上げたのが素晴らしい。
それぞれの戦闘員の服装や改造された車、矢が発射されるボウガン等ギミック満載な武器、ちょっと画面停止して眺めていてもアレコレと想像できて楽しめる。
強奪、殺し、女が目当ての荒くれ者の強盗集団を筋肉ムキムキのヒューマンガスが持て余しつつも、首領として手なづけている演説シーなんか見ていて面白いですね。ボスが演説してるんだから、ちゃんと聞けよ!って思う(笑)
ヒューマンガスが拳銃の弾を込めるシーンで、ちらっと元軍人だと分かるような奥さんと軍服姿の写真が映りますが、あの鉄化面の下にも文明が崩壊してから暴走族集団の首領となるまでに色々なドラマがあるのでしょう。

アクションシーン(カーチェイス)の見せ方もメチャクチャカッコイイですね。
ラストにマックスが運転する1台のタンクローリーに対して改造された車、バギー、バイクが数十台も追いかけて攻撃を仕掛けるシーンは掠れた荒野とオレンジ色の夕日、舞い上がる土煙も相まって圧巻のアクションシーンです。

何も考えずに未知の世界を体験できて楽しめる映画だと思いますね。

評価:89/100点

カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す