映画『GONIN』(1995)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『GONIN』(1995)ストーリー

暴力団の金庫から現金強奪を企てた5人の男たちの顛末を描いたバイオレンス・アクション。バブル崩壊により暴力団・大越組に多額の借金を抱えてしまったディスコのオーナー万代。彼はさまざまな出会いにより知り合った4人の男たちと共に、大越組事務所からの現金強奪を実行する。しかし、それも些細なミスから大越組に知れ、彼らは命を狙われることになる……。

映画『GONIN』(1995)の感想

N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

OFUのレビュー鑑賞済ネタバレありopen

たけし、竹中直人の演技も凄い・・・。バブル崩壊後の日本の陰気な空気感溢れるカルト的アクション

一部で隠れた名作アクションと言われているらしい『GONIN』。
邦画にして珍しく(?)かなりパワーのあるアクション映画で、とても面白かった!

まず、主要なキャラクター達が皆一癖も二癖もある面子、そして演じている役者陣も今で考えると相当豪華!
今の境遇に納得がいっていない、人生一発逆転を狙う強盗団側と、相手方のヤクザ側も皆キャラが濃い。

5人のキャラとしては、佐藤浩市が借金に追われるディスコオーナー。
本木雅弘がゲイキャラと言うか色気溢れるコールボーイ。
根津甚八が武闘派で無骨な元刑事。
椎名桔平が金髪パンチドランカーのチンピラ組員。
そして、竹中直人のだめだめなサラリーマンが途中の自宅でのエピソードと合わせて相当強烈。
と言うか、5人とも個性的で面白い。

そして、ヒットマン役のたけしも凄い!凄腕のヒットマンなのに弟子と肉体関係にあったり、殺しをしても淡々とした無機質な表情が怖いし・・・。
事故復帰後初の映画出演らしいのですが、当時のたけしは本当に怪しい魅力と言うかオーラに溢れていますね。

印象に残るシーンも多かった。
ディスコでの乱闘シーン、ヤクザ事務所への殴りこみ、トイレでの銃撃シーンなどなど・・・。

バブルが崩壊した後の妙に退廃的な空気感とギラギラとした画面が当時の雰囲気をよく醸し出しています。
手に汗握るアクションや追われている立場になってからの焦燥感、うーん良いですね。

女性版『GONIN』についてもいずれレビューを書きます。
そして19年ぶりに『GONIN』新作が作られるみたいなので、9月に公開される『GONINサーガ』の前に是非観ておくことオススメします。
血なまぐさくてエログロなシーンもあって刺激的なので万人向けではないですが、個人的にかなり好きな作品。

評価:85/100点

カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

One Response to 映画『GONIN』(1995)

コメントを残す