映画『悪魔を見た』(2010)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『悪魔を見た』(2010)ストーリー

国家情報院捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)の婚約者の死体の一部が発見される事件が発生。極秘で捜査に乗り出したスヒョンは、真犯人の連続殺人鬼ギョンチョル(チェ・ミンシク)を捕まえ、体の中にマイク付きのGPSチップの入ったカプセルを飲ませ解放する。そしてギョンチョルが犯行に及ぼうとするたびに現れ、アキレス腱(けん)を切るなどの残虐な制裁を加えていき……。

映画『悪魔を見た』(2010)の感想

N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

OFUのレビュー鑑賞済ネタバレありopen

捜査官が悪魔のような殺人者を追い詰め復讐を繰り返すが・・・、映像も内容もエグくてどぎつい作品

よくアニメ、ゲーム、実写でも主人公が「これ以上無益な復讐はやめるんだ!誰も幸せにならない!」と叫んで、犯人が犯行をやめて刑務所へ・・・と言うストーリー展開を見かけたことがありますが、全くもって正反対の内容。

婚約者の命を奪われて絶望に打ちひしがれた国家情報院捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)は、法の執行者としてではなく、単なる個人的動機で私刑を行う復讐者と化します。
敵役はチェ・ミンシクが演じていて、ふてぶてしくも怪しい魅力が溢れる殺人者として画面で暴れまり回ります。

ストーリーとしてはひたすら主人公が殺人者を追い詰めて暴行を振るうが、殺人者も殺人者の矜持?からか、自分の快楽のために殺人をし続けます。
本当であればスヒョンはそれらを未然に防ぐはずなのに、復讐することだけが目的となりひたすら殺人者を痛めつけるも、ゲームのように楽しんで狩りを続けるようになっていきます。

個人的に面白かったのは、連続殺人鬼ギョンチョルの友人もまた殺人鬼で、小さな民家を根城に旅行者を襲撃しまくっていると言う人物。
ここに主人公もギョンチョルを追って乱入してきて・・・と、画面内にまとま人がほぼ居ないバイオンレンス全開なトチ狂った暴力映画。

真面目に見ると犯罪者に対する私刑や復讐とは何かを考えさせられる内容ですが、映像的には相当過激なので観る方はご注意を。

評価:67/100点

カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す