映画『アウトレイジ ビヨンド』(2012)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『アウトレイジ ビヨンド』(2012)ストーリー

5年前、ヤクザ界での生き残りを懸け壮絶な権力闘争に明け暮れた暴力団「山王会」は関東の頂点を極め、政界にまで勢力を広げていた。彼らの壊滅を目指す刑事の片岡(小日向文世)は、関西最大の「花菱会」と対立させるべく策略を練る。そんな中、遺恨のある木村(中野英雄)に刺されて獄中で死んだはずの大友(ビートたけし)が生きていたという事実が持ち上がる。その後、出所した大友だったが……。

映画『アウトレイジ ビヨンド』(2012)の感想

映画『アウトレイジ ビヨンド』(2012) N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『アウトレイジ ビヨンド』(2012) OFUのレビュー鑑賞済ネタバレありopen

悪人が再び終結!関西ヤクザとの掛け合いが凄い

前作『アウトレイジ』の続きです。
ストーリーも役者もそのままにお話が進行。

大友(ビートたけし)が出所してきてからお話がスタート。
かつての敵であった木村(中野英雄)と共謀して、大友組を裏切った金庫番のエリートヤクザ石原(加瀬亮)らを追い詰めていきます。
特に目立った展開や仕掛けがあるわけではくエンタメに特化しているので、ある意味安心して観られます。

となると、ストーリーの面白さと言うより、役者さんたちの演技の面白さが際立っている作品かと思います。
これでもか!と言うくらいおっさん役者さんが口汚い言葉や暴力、裏切りで暴れまわっているのでそれを観るのが面白いかと(笑)

特に迫力あったシーンは、大友と木村が関西の最大勢力である花菱会の会長や幹部と会うシーン。
西野(西田敏行)と中田(塩見三省)が「え、お二人とも本職の方ですか・・・?」ってくらいに啖呵切りまくりで極悪顔の花菱会幹部で怖いです(笑)
石原の最後のシーンとかも、エグイシーンのはずなのに笑えるのはさすが。

『アウトレイジ』『アウトレイジ ビヨンド』は”おっさん達”が大活躍する映画でしたが、
北野監督の次回作は更に年をいった”じじい達”が暴れまわるみたいで、そちらも楽しみです。

評価:76/100点

映画『アウトレイジ ビヨンド』(2012) カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『アウトレイジ ビヨンド』(2012) ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す