映画『狼の死刑宣告』(2007)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『狼の死刑宣告』(2007)ストーリー

妻と二人の息子と幸せな生活をおくる普通の男:ニック(ケビン・ベーコン)は、立ち寄­ったガソリンスタンドでギャングの襲撃に遭遇し、目の前で息子を殺されてしまう。心の­傷も癒えぬまま裁判を迎えるが、納得のいく刑罰を与えることができないことを知り、法­廷で裁くことをあきらめる。
その後、怒りと悔しさから計らずも犯人の少年を尾行し、自­らの手で復讐し、殺害してしまうが、その相手はギャングのボスのたった一人の弟だった­。暴力の連鎖を止められなくなってしまったニックは、愛する家族までも巻き込んでギャ­ングとの、”戦争”に陥っていく

映画『狼の死刑宣告』(2007)の感想

映画『狼の死刑宣告』(2007) N山Y幸のレビュー鑑賞済open

ケヴィン・ベーコンの復讐は苛烈である。

見始めて思ったのはアメリカの家庭の話ということです。
でも主役がケヴィン・ベーコンですからそんな平凡な話ではないに決まっています。
期待通りです!

前半はアメリカの良き父としてのケヴィン・ベーコン。後半は待ちに待ってたケヴィン・ベーコン。この人は本当に幅広い芝居ができる人だと痛感させられます。

この映画で時に印象に残るワンシーンは立体駐車場でのワンシーン・ワンカットです。
撮影のことを考えると、とてもチャレンジをしてると感じますし、成功してると思います。
息をつかせません。
ただかなりカメラぶん回しで撮影しているので、見る人によっては酔った感覚になるかもしれません。

あと少し気になる点としては登場人物で女刑事が出てくるのですが、個人的にはとても必要のない人物と感じました。
できればケヴィン・ベーコンの一人芝居でもいいのでそちらを見たかったと感じました。

ちなみに私のケヴィン・ベーコン映画のナンバー1は「トレマーズ」です。もし見てない方がいたらコチラもお薦めです。「スリーパーズ」も良かった記憶があります。
あとこの映画の監督で有名なのは「ソウ」なのでこちらも見てない方は見てみてはいかがかと思います。

あまり映画に点数をつけるのは好ましくありませんがあえてつけるとすれば75点です。
以上です。

評価:75/100点

映画『狼の死刑宣告』(2007) OFUのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『狼の死刑宣告』(2007) カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

映画『狼の死刑宣告』(2007) ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す