映画『グッドフェローズ』(1990)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『グッドフェローズ』(1990)ストーリー

ヘンリー・ヒル、1943年ブルックリン生まれ。大物ギャング、ポーリーのアジトで育った彼は、物心ついた頃からマフィアに憧れていた。やがて念願の”グッドフェローズ”の仲間となり、”強奪”専門のジミー、野心旺盛なチンピラ、トミーと共に犯罪に犯罪を重ねていく。が、麻薬に手を出したことから育ての親、ポーリーに見放され、さらにジミーたちが起こした600万ドル強奪事件を追うCIAの捜査の手もヘンリーに迫る!

映画『グッドフェローズ』(1990)の感想

N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

OFUのレビュー鑑賞済ネタバレありopen

マーティン・スコセッシによるマフィア映画の金字塔。文句なしに最高に面白い!

個人的に大好きなマーティン・スコセッシ監督によるマフィア映画。

実在のマフィアの自伝を元にした映像版との事ですが、テンポ良くストーリーが進んでいくので、観ていて飽きずに楽しめます。
分かりやすく書けばマフィアの成り上がりと衰退、と一言で終わってしまうが本当に魅力ある作品。
自分が何処に魅力を感じるのかと言えば、同じ組織のワイズガイ達の描き方が素晴らしい点。
暴力や強盗、場合によっては殺人など何でもやっちゃう犯罪集団なのに、それだけにお互いが奥さんや子供も含めて家族ぐるみで付き合いをしていて一生縁が切れない濃密な人間関係を構築している。
勿論、組織間の各人の個人的な感情トラブルも出てきますが、全てお金さえ手に入ればオッケーと言う超現実主義なマフィア集団としても描かれています。

幼少期から青年期、イタリア系マフィアとして台頭していく主人公ヘンリー・ヒルをレイ・リオッタが最初は地味かなぁ、と思っていましたが前半の成り上がっていく自信満々の表情、後半のクスリにハマって追い詰められていく焦燥感、などきっちり演じていて観ているうちにハマリ役だと思えてきます。
一緒につるんでいる、ジミー(ジョー・ペシ)もめちゃ個性的で印象に残る。ニヤけながら毒舌、巻き舌でまくし立てる英語、見かけでは人が良さそうに見えるだけに突然無表情になって人を殴りだす所とかマフィアの凶暴な二面性がいきなり出てきて怖いです(笑)
そして大物の兄貴感満載のロバート・デニーロの渋い演技も良い!冷徹でクールでありながらも、やる時はやる男。まさしくマフィアのイメージですね。

マフィア映画とくれば『ゴッドファーザー』が圧倒的だと思いますが、個人的には『グッドフェローズ』の近代的なマフィアの方が現代の実情と近くてすんなり観られて好きですね。
1990年の映画なのにスピード感もあり今観てもラストまで一気に観られちゃう傑作。
自分の中ではマフィア映画ではナンバーワンの面白さ!

評価:100/100点

カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

コメントを残す