映画『マルサの女』(1987)

【PR】
TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題





映画『マルサの女』(1987)ストーリー

国税局査察部(マルサ)に勤める女性が、ラブホテル経営者を脱税で摘発するまでを描いた痛快娯楽作品の傑作。監督は伊丹十三で「お葬式」「タンポポ」につぐ監督第3作目。税務署の調査官・板倉亮子は脱税を徹底的に調べ上げるやり手。ある日、一軒のラブホテルに目をつけるがオーナーの権藤はなかなかシッポを出さなかった。そんな時、亮子は国税局査察部に抜擢される。マルサと呼ばれる摘発のプロとして経験を積んでいった亮子は、上司の花村と組んで再び権藤と相対するのだった……。

映画『マルサの女』(1987)の感想

N山Y幸のレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

OFUのレビュー鑑賞済open

痛快な社会派エンタメ!役者も音楽も最高ー!

国税局査察部、通称「マルサ」を描いた伊丹十三監督の傑作。
金、特に税金に纏わる話なので、日本国民全員にとって興味のあるこのテーマ。
リアルに根ざしている社会派と言うと重くなりそうなテーマだが、これが最高に痛快な娯楽作品になっている!
無駄なシーンやカットがないくらいきちんとまとまっていて、それがしかも面白いときてる。

宮本信子の全然おしゃれじゃないけれど、笑顔と強面を使い分けながら裏金つくりをしているホテル経営社長権藤を演じる山崎努を追い詰めていくキャラクターがとても特徴があって、記憶に残る。
最初は税務署勤務だったのにマルサになってから更に水を得た魚のように仕事を楽しむ様子、上司や同僚達との会話も面白い。
納税を何とか逃れようと脱税するためにあの手この手で帳簿、印鑑、債権書などを家の中に隠しているシーンをマルサの方々が宝探しみたいに発見していくときは初めて見たときにビックリしましたね。
恐らく実際もこうなんだろうなぁ、と思うと警察映画とはまた違う面白さがあります。

敵役として裏金を作っているこの山崎努のキャラクターも良いね~。
金だけ儲けまくっている悪党かと思いきや、家族思いだったり、当然経営者としての才能もあるので魅力的な人物。
2号さんとか愛人はいるけれど、憎めないしラストでの独白とか夕焼けの街並みと相まって本当に良い・・・。

他の役者さんたちも脇役とするにはもったいないくらいのハマリ役ばかり。
伊東四朗のパチコン屋の店主の「ウソ泣きで100万でも200万でも助かるなら幾らでも泣いてやる。」とか良いよねー。分かるよ。だって税金めっちゃ高いからねw

そして、本多俊之が作るメインテーマ曲「♪ちゃ~ららちゃ~らら~↑」の怪しい旋律が喜劇的でもあり、本当にこの映画によくマッチしていると思います。
お金を稼ぎ、お金に振り回される人生を過ごしている私達現代人には本当に身に沁みるテーマですね。

もっと伊丹監督の作品を観続けたかったなぁ。

評価:94/100点

カカネバのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

ケイスケのレビュー未鑑賞open
まだこの映画を観ていません。

One Response to 映画『マルサの女』(1987)

コメントを残す